ホーム  >  センチュリー21彩の国不動産センターブログ  >  スタッフブログ  >  前向きに…

前向きに…
カテゴリ:スタッフブログ  / 投稿日付:2021/12/03 20:21

こんにちは!

先週よりブログ参加させて頂きましたウザワです。

最近、夜な夜な Youtubeを見る事が楽しみで(笑)、
先日たまたま見た某 Youtuber
さんの動画で感銘を受けたので、
ネタにしたいと思います。


かの有名な物理学者、スティーヴン・ホーキング博士が遺した
「命ある限り希望がある」という言葉を、その人なりの解釈で語っていて、
なるほどと思いました。


21歳でALS(筋萎縮性側索硬化症)と診断され、
余命
2年と宣告されたホーキング博士のこの言葉から、
困難な状況は実は正しい道へと導くヒントになっていて、
イライラして環境のせいにするのではなく、
これは何を自分に教えようとしているのか?

と考えるようになると人生の見方が変わるかもしれない
という内容でした。


多分私よりも若いであろう、この某 Youtuberさんの言葉

すごく胸に響きました。

私も子供の頃、先天性の病気で何度も手術し、痛くて辛かった時に、

なんで私ばっかりと卑屈になってしまう事がよくありました。

そんな言葉を口にしようものなら、
「世の中もっと辛い思いをしている人がいる!」

と親に怒られました(笑)

その時は他の人の辛さなんて経験できないし、
自分が今まで生きてきた中で一番痛いし辛いんだから、仕方ないじゃないか!

と思っていました(笑)


でも、そんな出来事も当時の私に何かを教える為であって、
また、これから困難な状況に陥っても、正しい道へと導くヒントなんだと

前向きに生きていけたらと思いました!


実際、ホントに苦しい時に中々そうは思えないとは思いますが(涙)、

このブログを備忘録として頑張っていきたいと思います!


ページの上部へ